2009 ROCKCRAWLING EXTREME ROUND2 MOVIE


競技動画のアップの前に大変貴重な動画をアップします。 フレンディーオートさんのバギーです。中島選手と津田選手の練習風景です。 コンクリートセクションでの練習風景で津田選手のアドバイスが大変貴重なのです。 少し聞きづらいかと思いますがここまで詳しく解説される機会も少ないと思いますので大変ありがたいですね! アクセルワークやコンクリート上でのマシンの特性まで丁寧に解説されています。 中島選手も的確にマシンをコントロールしコンクリートセクションを攻略されています。 どなたにでも参考になる大変貴重なシーンだと思いますのでご参考にどうぞ。



2009年第1戦! EXTEREME ストッククラスの優勝チーム。 成瀬選手・伊藤選手です。 ハイブリッジ・ファーストさんのマシンです。 少し前のお話なのですが僕が強烈に印象に残っているお話があるのです。 たまたま、奈良トラにコソ練か、遊びに行ったときに、ハイブリッジさんの四駆番長マシンが走りにこられていらっしゃいまして・・・ 僕がこけそうになった場所をなにげなぁ~く走ってらっしゃったのです。 「なんでやねん」と思った次第でした。 マシンの性能も当然ですが、自分の車の性能と自分の手腕がコントロールできて一人前なんでしょうね♪ 敵を知って己を知る。で、戦場も知る。ですなぁ~。 お仕事では当たり前なんですが、ロッククローリングでは僕はすべてダメダメです。 だから面白いんですが!! では、ハイブリッジさんチーム1セクです。 クリアのシーンがたまらなくいいです。



九州から坂口選手。 スポッターは岡山の小野田選手。 お二人ともスーパー選手であり、スーパーマシンビルダーですね。 このお二人の組み合わせは全世界でもないんじゃないんだろうか・・・ スーパーモディファイの2セクです。 このセクションは捲くれ上がって、クローリングして、FFターン使って、横転しそうになって・・・って感じの職人技・テクニカルコースでした。 坂口選手のマシンは、超低重心で、非常に軽そうで、研ぎ澄まされたロッククローリングF-1マシンって感じです。 車幅が他のマシンより少し狭く設計なさっててバランスを考えてバランスよくセッティングされていらっしゃるんだと思います。 すみません、おとぼけコメントでしたら(汗;) マシンって、同じマシンは世界に2台とないですね。 坂口選手のマシンも、小野田さんのRC-30Rも日本には有名なマシンがたくさん造られてますけど同じマシンはありません。 見間違えることなんか絶対ありえない。 オーナーさんやビルダーさんがこだわり持って造った芸術品なんだから当たり前ですね。 坂口選手・小野田選手の2セクです。 テクニカル・プログレッシブ・ロッククローリングです。ど~ぞ。



岡本選手・才田選手の2セクです。 エンジン音がいいでしょ~。ちと違いまっせ~このエンジン。 どう違うかは、EXTREMEに観戦に来られてじっくり見て・聞いてみてください。 デザインも洗練されてて展示車両としても引っ張りだこです。 稲妻フェスティバルでもデモランしてましたし。 2セクです。 ご覧いただければわかると思います。マシンによって走り方が違うのです。 また選手の走り方の特徴も出るんでしょうね! 経験豊富な方の走りはやっぱり見てて参考になります。 僕は「よっしゃこのラインだ!」っと思っても、車に乗ると頭の中のラインは吹っ飛んでしまいます。 岡本選手は自分のラインのイメージを完璧に持っていらっしゃいます。 スポッター選手とのやり取りお聞きしてたらよーくわかりました。 では2セク。V字から攻め上がってくるジムニーバギーは最高です。ではど~ぞ。



W.E.ROCKでもこんな雰囲気で行っちゃいましょう~ 津田選手・和泉選手の2セクです。 インカム使って和泉選手が誘導している雰囲気が良く伝わります。 常にドライバーとスポッターはこういう風にコミュニケーションをとるんですね。 いや~驚き。全セクションこんな感じでした。 スポッターが黙ってしまったっら選手も止まってしまいます。 こういう雰囲気は動画じゃないと伝えれないのでやっぱり動画とってよかったです。 スポッターのロープ牽引も危険なので、ロープ使用を認めない方向になるかもしれないとのことです。 そうなればインカムの存在とスポッターの伝達技術やコミュニケーションが今以上に重要になってきます。 和泉選手のスポッターは凄くいいお手本です。 こんな雰囲気でドライバーとスポッターとうまくコミュニケーションをとってくださいね~。 テープ間際にはお客さんがたくさんいます。こんなやり取りをまじかで見れて聞けたら見ているほうも最高に面白いです。 近くで見てた僕ももちろん面白かった!!!!!



フレンディーオートさんFJバギーの強さここにあり! 3セクのフレンディーオートさんのFJバギー。 強いなぁ~。3セクはホイルベースが長いマシンの威力を最大に発揮できるセクションでした。 大きな壁にドカンと前足引っ掛けて上っていく。 3セクって標高差何メートルくらいあるんだろう・・・? 10mはないと思うんですけど、上から転げ落ちたら マシンもドライバーもただ事では済まない高さであることは間違いないです。自分で走るわけもないので 「あ~っ。高いなぁ~。落ちたらヤバイなぁ~」位にしか考えたことがないのです。 さて、ロングホイルベースを生かした豪快な走りをされてます。 このセクションも上位のポイントで突破されました。 コンクリ一番上からの下りはキャンバー恐れずに斜めに下っていくのが正解なんでしょうか。 コンクリの一番上からまっすぐ降りていくとゴール方向に切り返しが出来ないみたいです。 で、ゴール直前の下りが下れなくなるみたいですね。 ほんでもって、ドライバーからはゴールの方向が奈落の底のごとく何も見えない状態になるのです・・・ウフフ。



津田選手・和泉選手の3セク。 いきなり、ドカーンっと飛んでます。 「ここはクローリングで行くんだろうなぁ~」 「前見えないし、左のタイヤ浮いて怖いやろなぁ~」なんて思ってたんですが・・・ ここって飛んじゃうのですね。 いきなりドカンときたんでびっくりしちゃいました。

inserted by FC2 system